鷺宮製作所の自動制御機器と試験装置、その制御技術は幅広い分野で活躍しています。

トップページ 会社概要 自動制御機器 試験装置 販売網 採用情報 社会人野球

会社概要

社長挨拶
経営の理念
沿革
会社データ
環境への取り組み
プライバシーポリシー

社長挨拶


代表取締役社長
西見 成之

 当社は1940年(昭和15年)中野区鷺宮の地に創業者 西見茂(初代社長)が「ベローズ研究所」を創設したことに始まります。
 1948年(昭和23年)株式会社鷺宮製作所を設立し、本格的に自動制御機器の開発、生産に着手しました。

 教育者から事業家へ転身した西見茂は、会社にとって一番の財産は、そこで働く全ての人たちであることを唱え、人を育て人を大切に思う社風の礎が築かれました。

 創業以来、「全従業者の幸福の創造」を経営理念とし、「ひとりるときは自分のことを考え 二人以上るときは相手のことを考える 何ごとも人のために」を社是として、経営理念の実現に向けて従業者一丸となって今日まで弛まぬ努力を続けてきました。

 当社は、ベローズの応用製品からスタートし、現在は自動制御機器のリーディングカンパニーとして、冷凍冷蔵、空調、給湯暖房、電力プラント、自動車、列車、船舶、医療機器、半導体製造装置等、あらゆる産業の幅広いフィールドで活躍の場を広げております。また、1964年(昭和39年)にスタートした試験機事業においても、昨今のイノベーションにより生み出されたDiM(ドライビングシミュレータ)が、国内外のメーカーに高く評価されるなど、新たな価値を創造しています。

 当社は2020年に創業80周年を迎えます。前社長西見雄一郎が策定した更なる飛躍を目指すための中期経営計画(Progress 80)を実現するための3つのキーワード、「イノベーション」「体質改善」「グローバル化」を事業戦略の核として、総力を挙げて推進していきます。


「一瞬一瞬の出会いを大切に」
 当社製品は、お客様のユニットに組み込まれて、はじめて活躍できる製品ばかりです。「お客様やサプライヤー様との出会い」「新しいものとの出会い」「新しい知識や技術との出会い」、全ての「出会い」を大切にしながら、地球に優しい製品を提供し、社会に貢献する企業であり続けたいと思います。